「ニッポンのトイレほか」マリトモ著

公開日: 更新日:

■自己主張する面白トイレが大集合

 トイレをこよなく愛し、珍しいトイレがあると聞けばどこへでも駆け付け、腰かけてみたという著者が、この10年の間に訪ねた78カ所から、特にインパクトの強かった自己主張型トイレの数々を紹介する面白写真集。

 京都・東福寺の「百雪隠」は日本最古のトイレ。100人が一度に用を足せる東司(トイレ)だが、重要文化財であるため、使用は出来ない。

 土間に掘った穴に瓶が埋められているだけの東福寺のこの簡素なトイレの対極にあるのが、新宿・歌舞伎町の「ロボットレストラン」のトイレだ。総工費100億円といわれる同レストランのトイレは、世界中を探して選んだ虹色に輝くタイルと金ぴかの便器のコンビで、トイレ内が黄金の茶室のように輝いている。

 その他、日本初の総合結婚式場「目黒雅叙園」の花嫁専用や、トイレに長居してもらいたいというオーナーの意向で7つのトイレすべてが庭園仕様になっている福井県の日本食レストラン「レスト有情」、全面ガラス張りでその外側を回遊する魚たちに見られながら用を足す水族館のような兵庫県のカフェ「ムーミンパパ」、同じくガラスボックス型で塀に囲まれた200平方メートルもの敷地の草花が楽しめる開放的な千葉県飯給駅のトイレなど、どれもお目にかかったことがない珍奇な趣向のトイレばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る