「だいじょうぶ認知症」和田行男著

公開日: 更新日:

 世界一の高齢社会である日本では、65歳以上の15%、約7人に1人が認知症を患っている。誰でも認知症にはなりたくないが、現実から目を背けていても何も始まらない。本書では、介護福祉士であり高齢者向けの施設を運営している著者が、来るべきときに備えてやっておくことや心構えを説いていく。

 例えば、介護福祉士や社会福祉士など、専門職の友達をつくっておくことだ。自分や家族が認知症になったとき、知り合いに専門職がいれば、頼りになる相談相手になってくれるはず。日頃から近所の介護保険事業所にボランティアとして関わったり、町内会の集まりに専門職を呼んで講演してもらうなど、関係づくりのための積み上げを行っておくことが重要だ。
(朝日新聞出版 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る

人気キーワード