• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「だいじょうぶ認知症」和田行男著

 世界一の高齢社会である日本では、65歳以上の15%、約7人に1人が認知症を患っている。誰でも認知症にはなりたくないが、現実から目を背けていても何も始まらない。本書では、介護福祉士であり高齢者向けの施設を運営している著者が、来るべきときに備えてやっておくことや心構えを説いていく。

 例えば、介護福祉士や社会福祉士など、専門職の友達をつくっておくことだ。自分や家族が認知症になったとき、知り合いに専門職がいれば、頼りになる相談相手になってくれるはず。日頃から近所の介護保険事業所にボランティアとして関わったり、町内会の集まりに専門職を呼んで講演してもらうなど、関係づくりのための積み上げを行っておくことが重要だ。
(朝日新聞出版 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る