「だいじょうぶ認知症」和田行男著

公開日: 更新日:

 世界一の高齢社会である日本では、65歳以上の15%、約7人に1人が認知症を患っている。誰でも認知症にはなりたくないが、現実から目を背けていても何も始まらない。本書では、介護福祉士であり高齢者向けの施設を運営している著者が、来るべきときに備えてやっておくことや心構えを説いていく。

 例えば、介護福祉士や社会福祉士など、専門職の友達をつくっておくことだ。自分や家族が認知症になったとき、知り合いに専門職がいれば、頼りになる相談相手になってくれるはず。日頃から近所の介護保険事業所にボランティアとして関わったり、町内会の集まりに専門職を呼んで講演してもらうなど、関係づくりのための積み上げを行っておくことが重要だ。
(朝日新聞出版 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る

人気キーワード