『長生きは「唾液」で決まる!』植田耕一郎著

公開日:  更新日:

 1日に1~1.5リットルも作られている唾液。食べ物をのみ込みやすくするだけでなく、口内を洗浄したり細菌の繁殖を抑える役割も担っている。

 しかし、年を重ねると唾液の量が減少し、ドライマウス(口腔乾燥症)になりやすくなる。そして、口が粘つくような不快感や口臭の原因になるばかりか、歯周病が発生しやすくなる。さらに、糖尿病のリスクも高まるというから恐ろしい。歯周病菌が歯茎から血液に入り込むと、エンドトキシンという毒物が作られ、これがインスリンを作りにくくするためだ。

 本書では、全身に悪影響を及ぼす唾液の減少に対抗するための、「口ストレッチ」を紹介。唇や舌を突き出したり頬を膨らますことによって、唾液の分泌量を増やす体操だ。また、唾液腺を直接刺激するマッサージなど、口内の若さを保つ秘訣を伝授する。

(講談社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る