• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「認知症はこわくない」高橋幸男著

 認知症はとても怖い病気だと、誰もが思っていることだろう。この“怖い”の要因のひとつは、徘徊、興奮、暴力といった「BPSD(行動・心理症状)」が起こるためではないだろうか。

 認知症は脳の障害であるため、その結果としてBPSDが起こるものと考えられてきた。しかし、30年以上医師として認知症患者と向き合ってきた著者は、そのほとんどは周囲との関係性によって起こるものだと説いている。BPSDは、認知症患者が“嫌な思い”をするから起こるもの。そこで、患者のペースに合わせて、笑顔をつくり、昔の話をし、同じ会話でも根気よく耳を傾けるのだ。

 本書では、このような取り組みでBPSDが起こらなくなった患者の例を数多く紹介していく。

(NHK出版 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る