「認知症はこわくない」高橋幸男著

公開日: 更新日:

 認知症はとても怖い病気だと、誰もが思っていることだろう。この“怖い”の要因のひとつは、徘徊、興奮、暴力といった「BPSD(行動・心理症状)」が起こるためではないだろうか。

 認知症は脳の障害であるため、その結果としてBPSDが起こるものと考えられてきた。しかし、30年以上医師として認知症患者と向き合ってきた著者は、そのほとんどは周囲との関係性によって起こるものだと説いている。BPSDは、認知症患者が“嫌な思い”をするから起こるもの。そこで、患者のペースに合わせて、笑顔をつくり、昔の話をし、同じ会話でも根気よく耳を傾けるのだ。

 本書では、このような取り組みでBPSDが起こらなくなった患者の例を数多く紹介していく。

(NHK出版 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る