「認知症はこわくない」高橋幸男著

公開日: 更新日:

 認知症はとても怖い病気だと、誰もが思っていることだろう。この“怖い”の要因のひとつは、徘徊、興奮、暴力といった「BPSD(行動・心理症状)」が起こるためではないだろうか。

 認知症は脳の障害であるため、その結果としてBPSDが起こるものと考えられてきた。しかし、30年以上医師として認知症患者と向き合ってきた著者は、そのほとんどは周囲との関係性によって起こるものだと説いている。BPSDは、認知症患者が“嫌な思い”をするから起こるもの。そこで、患者のペースに合わせて、笑顔をつくり、昔の話をし、同じ会話でも根気よく耳を傾けるのだ。

 本書では、このような取り組みでBPSDが起こらなくなった患者の例を数多く紹介していく。

(NHK出版 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る

人気キーワード