「北朝鮮と日本人」アントニオ猪木、辺真一著

公開日: 更新日:

 昨年、電撃的な北朝鮮訪問をおこなって参議院運営委員会からの懲罰を食らったアントニオ猪木議員。しかし本人は立候補のときからの公約だったと主張する。北朝鮮との縁は師匠・力道山時代からの因縁にもとづくのだ。「コリア・レポート」編集長との対談をまとめた本書ではレスラーとして、議員として実見した北朝鮮の実情がつぶさに語られる。なぜ韓国にプロレスが根付かなかったのかなど、この人ならではの情報も豊富だ。

(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る

人気キーワード