「北朝鮮と日本人」アントニオ猪木、辺真一著

公開日:  更新日:

 昨年、電撃的な北朝鮮訪問をおこなって参議院運営委員会からの懲罰を食らったアントニオ猪木議員。しかし本人は立候補のときからの公約だったと主張する。北朝鮮との縁は師匠・力道山時代からの因縁にもとづくのだ。「コリア・レポート」編集長との対談をまとめた本書ではレスラーとして、議員として実見した北朝鮮の実情がつぶさに語られる。なぜ韓国にプロレスが根付かなかったのかなど、この人ならではの情報も豊富だ。

(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る