• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「深海の人魚」森村誠一著

 渋谷の一角に、男の隠れ家のようにひっそり存在する高級会員制クラブ「ステンドグラス」。各界の大物御用達のこのクラブには、常連客も知らない極秘の別の顔があった。それは、オーナーママの小弓が極上のホステスを駆使して提供する「特殊接待」。器量の良さはもちろん、口が堅く、気配りができ、知性、節度などの必要条件を兼ね備えているホステスをスペシャルフォース(SF・特殊接待員)として派遣して性的潤滑油として用い、数々の難題をクリアするのだ。

 ところが、ある日SFの一員のさやかがある事件に巻き込まれる。秘密裏に行ってきた特殊接待と殺人事件が複雑に絡み合い、ステンドグラスに思わぬ運命が訪れるのだが……。

 中国政府要人、日本宗教界を仕切る高僧、EDに陥った辣腕検事、妻を亡くした大物政治家などの権力者を骨抜きにする女のエロスが抜群。事件の真相に近づいていく刑事の推理とエロスが同時に楽しめる官能ミステリーだ。本紙連載作品の単行本化。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る