「深海の人魚」森村誠一著

公開日:  更新日:

 渋谷の一角に、男の隠れ家のようにひっそり存在する高級会員制クラブ「ステンドグラス」。各界の大物御用達のこのクラブには、常連客も知らない極秘の別の顔があった。それは、オーナーママの小弓が極上のホステスを駆使して提供する「特殊接待」。器量の良さはもちろん、口が堅く、気配りができ、知性、節度などの必要条件を兼ね備えているホステスをスペシャルフォース(SF・特殊接待員)として派遣して性的潤滑油として用い、数々の難題をクリアするのだ。

 ところが、ある日SFの一員のさやかがある事件に巻き込まれる。秘密裏に行ってきた特殊接待と殺人事件が複雑に絡み合い、ステンドグラスに思わぬ運命が訪れるのだが……。

 中国政府要人、日本宗教界を仕切る高僧、EDに陥った辣腕検事、妻を亡くした大物政治家などの権力者を骨抜きにする女のエロスが抜群。事件の真相に近づいていく刑事の推理とエロスが同時に楽しめる官能ミステリーだ。本紙連載作品の単行本化。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る