「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」菅原光博、藤田正著

公開日: 更新日:

 父親から疎んじられる一方で、黒人コミュニティーの中で「白人顔の黒人」として小さい頃からねたみと差別にさらされながら育った。アフリカ回帰を唱える宗教運動ラスタファリアニズムにひかれ、黒人として生活を送りながらも、自分がどこに属する人間なのかを、事あるごとに考えていたという。

 シンガーを夢見ながらも14歳で溶接工として働き始めるが、焼けた金属片が右目に飛び込むという仕事場での事故をきっかけに、プロミュージシャンになる決意を固める。

 そんな彼が生み出した歌を菅原氏は「貧困を必死に生きる時に流した悲しみや苦しみの涙、血の一滴一滴から生まれたものだ」と語る。

「人が生きていく中でぶつかる困難を、真に生き抜く勇気と知恵を与えてくれる本物の音楽だ。人の生き方という大切なことを教えてくれる」。だからこそ、彼の歌は「聴いた人の魂の奥深くに永く生き続けるだろう」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2
    松坂大輔“第二の人生”は妻の古巣「日テレ」で解説者デビューか 古参の江川卓はお払い箱に…

    松坂大輔“第二の人生”は妻の古巣「日テレ」で解説者デビューか 古参の江川卓はお払い箱に…

  3. 3
    飯野矢住代誕生秘話<15>予定日より2カ月も早く出産…男児は呼吸困難に陥り重篤な状態に

    飯野矢住代誕生秘話<15>予定日より2カ月も早く出産…男児は呼吸困難に陥り重篤な状態に

  4. 4
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  5. 5
    スーパーマラドーナ 新しい相方に「一緒やんけ!」とツッコミましたが…

    スーパーマラドーナ 新しい相方に「一緒やんけ!」とツッコミましたが…

もっと見る

  1. 6
    広島・森下いまだ後半戦0勝 からっきしダメな原因は女房役・会沢との相性にアリ

    広島・森下いまだ後半戦0勝 からっきしダメな原因は女房役・会沢との相性にアリ

  2. 7
    <55>苦しんで暴れて死んだ愛犬イブに動物病院は「老衰」と診断

    <55>苦しんで暴れて死んだ愛犬イブに動物病院は「老衰」と診断

  3. 8
    伊集院光パワハラ疑惑に驚愕…誰しも年を取れば存在自体が“ハラスメント”になる

    伊集院光パワハラ疑惑に驚愕…誰しも年を取れば存在自体が“ハラスメント”になる

  4. 9
    米国の葬儀社トラックに「ワクチンを打たないで」の文言が…その真意は?

    米国の葬儀社トラックに「ワクチンを打たないで」の文言が…その真意は?

  5. 10
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

人気キーワード