• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本発掘!」文化庁編

 中世の大名の館や城は一乗谷の朝倉館のように堀や土塁で守られていた。ところが、大分市にある大友氏の遺跡には、そういう防御施設が見られない。キリスト教文化を受容し、キリシタン大名となった大友宗麟は、軍事力で町を守るよりも、南蛮貿易に力を入れ、国際貿易都市としての町づくりを目指していたのだ。

 旧石器時代から中世まで、各時代の発掘調査の最新情報を紹介。

「発掘された日本列島」開催20周年記念特別連続講演をまとめた歴史ファンにオススメの一冊。(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る