宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

下心いっぱいの「トーク」本

公開日:  更新日:

「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル“神回”傑作選Vol.1」

 蛍光イエローのカバー用紙にスミ1色の極太英文ロゴ、その上を手書き風・蛍光ピンクの極細タイトルが躍る。黄緑色の帯にも、ピンクとグリーンの蛍光インキの文字がビッシリ。どう見ても「気取ってお澄まし」のデザインではない。世の中を扇動し、無邪気に遊んでやろうという下心いっぱいの顔つき。

 TBSラジオ番組の人気コーナー(パーソナリティーとゲストとのトークショー)を単行本化。毎回代わるゲストも、さまざまな業界の「知る人ぞ知る」人物。他では聴けないネタと切り口。この番組自体が「聴く雑誌」的構成。カタチは単行本でも「雑誌的」な自由度・熱気が感じられるのは、そうした事情によるのだろう。

「端正」と呼ぶには程遠い紙面。行間が狭い本文、異様に多い書体、極小文字による脚注、裁ちギリギリのゴツいページ番号など。一見その場しのぎのようだが、これらは事前に「設計された」ものだ。紙面全体がシンプルな規則性で管理されており、合いの手よろしく随所に置かれた脚注は、幅広い読者層の世代間ギャップを埋めるのに一役買っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る