• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

下心いっぱいの「トーク」本

「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル“神回”傑作選Vol.1」

 蛍光イエローのカバー用紙にスミ1色の極太英文ロゴ、その上を手書き風・蛍光ピンクの極細タイトルが躍る。黄緑色の帯にも、ピンクとグリーンの蛍光インキの文字がビッシリ。どう見ても「気取ってお澄まし」のデザインではない。世の中を扇動し、無邪気に遊んでやろうという下心いっぱいの顔つき。

 TBSラジオ番組の人気コーナー(パーソナリティーとゲストとのトークショー)を単行本化。毎回代わるゲストも、さまざまな業界の「知る人ぞ知る」人物。他では聴けないネタと切り口。この番組自体が「聴く雑誌」的構成。カタチは単行本でも「雑誌的」な自由度・熱気が感じられるのは、そうした事情によるのだろう。

「端正」と呼ぶには程遠い紙面。行間が狭い本文、異様に多い書体、極小文字による脚注、裁ちギリギリのゴツいページ番号など。一見その場しのぎのようだが、これらは事前に「設計された」ものだ。紙面全体がシンプルな規則性で管理されており、合いの手よろしく随所に置かれた脚注は、幅広い読者層の世代間ギャップを埋めるのに一役買っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る