宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

圧巻のモノクロ写真に、呆然とたたずむ

公開日:  更新日:

「The Songlines」竹沢うるま著

 全352ページ中、28ページのモノクロ写真に魅せられ思わず手に取りレジに向かった。

 タイトルや外見から内容は分からない。だが、オヤなんだろうと引き込まれ、帯の「旅行記の系譜に……」というコピーから先述のモノクロ写真にたどり着き、やっと写真家による紀行文だと知れる。

 韜晦したデザイン、いや、「暗喩的な意匠」というべきか。ページを繰っていくにつれ、内容と装丁の「ズレ=距離感」が明らかになる。もちろんそれは仕組まれたものであり、本書の魅力でもある。

 写真家の文章らしく、描写力=「解像度」はすこぶる高い。現場の熱気、湿気を帯びた風や音、匂いを描き出すさまは良質なドキュメンタリー映画のよう。一方、それらを包み込む装丁は、ごくごくシンプル。青い海面を捉えた写真を表紙全面に配置。そこに厚トレのカバーが掛かる。天方向から次第に消えゆくホワイトインキは、霞か霧か。タイトルと著者名はスミ1色。カバーと表紙は付かず離れず、所々にピントが合ったりボケたり。物語るのではなく「ほのめかす」、思惑通りの効果が見て取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る