見通しの正しさが年末には証明されているはず

公開日:  更新日:

「知らないと恥をかく世界の大問題6」池上彰著/角川新書

 池上彰氏の「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズは、これで6冊目になる。これだけ長く続いても、内容がマンネリ化しないのは、池上氏が時代の半歩先を読む類いまれな洞察力を持っているからだ。ちなみに既に起きてしまった出来事を後知恵で巧みに説明する人はたくさんいる。また、5年先のトレンドを大ざっぱに見通すことができるシンクタンクのアナリストも珍しくない。

 しかし、半年から1年後に生じうる、評者の言葉で言うところの半歩先を見通すことができる人は、意外と少ないのである。情報通はさまざまな人間的しがらみを持つ。このしがらみに引きずられて、分析を誤るのだ。

 池上氏の場合、権力者に近づきすぎない。それ故に、半歩先を、冷徹な目で分析することができるのである。辺野古(沖縄県名護市)への米軍新基地建設問題について、池上氏はこう記す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る