「界」藤沢周著

公開日: 更新日:

 仕事で秋田県の土崎を訪ねた「男」は、終了後、目についた禅宗の古刹に足を踏み入れる。仕事の予定が入ったとき、学生時代の恋人の墓参もと頭をよぎったのだが、彼女の墓の場所さえも知らず、自分の浅はかさに嫌気がさす。タクシーの運転手の話では、竿燈まつりの季節には久保田城跡の千秋公園のハスの花が見ごろだという。30年前に彼女と竿燈まつりを見物したが、ハスの花を見た覚えはない。飲み屋街で、かつて彼女と入った店を探していた男は、それらしい店を見つける。応対した老婆に2階に通された男は、そこが「ちょんの間」だと気づく。(「千秋」)

 新潟県月岡、鹿児島県指宿などさまざまな土地を漂泊する男につきまとう死と官能を描く連作小説。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る