「界」藤沢周著

公開日: 更新日:

 仕事で秋田県の土崎を訪ねた「男」は、終了後、目についた禅宗の古刹に足を踏み入れる。仕事の予定が入ったとき、学生時代の恋人の墓参もと頭をよぎったのだが、彼女の墓の場所さえも知らず、自分の浅はかさに嫌気がさす。タクシーの運転手の話では、竿燈まつりの季節には久保田城跡の千秋公園のハスの花が見ごろだという。30年前に彼女と竿燈まつりを見物したが、ハスの花を見た覚えはない。飲み屋街で、かつて彼女と入った店を探していた男は、それらしい店を見つける。応対した老婆に2階に通された男は、そこが「ちょんの間」だと気づく。(「千秋」)

 新潟県月岡、鹿児島県指宿などさまざまな土地を漂泊する男につきまとう死と官能を描く連作小説。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る

人気キーワード