• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「知られざる天才ニコラ・テスラ」新戸雅章著

 エジソンと同時代を生きた偉大な発明家の評伝。

 日本人にはなじみが薄いテスラだが、今日の交流電力システムの生みの親で、無線技術の先駆者でもあり、欧米のカリスマ起業家らの尊敬を一身に集める人物だという。1856年、旧オーストリア帝国のクロアチアに生まれたテスラは、アメリカに渡りエジソンの助手となる。独立後、交流電力システムの実用化に成功。他にも無線やラジオなど数々の発明を成し遂げ、現在、私たちの生活に欠かせない交流モーターや蛍光灯などの放電照明、電子レンジなど、すべて彼が発明したか原理を提供したものだという。

 エジソンよりも独創的で、アインシュタインよりも魅力的だというテスラの功績をたどる。

(平凡社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る