「知られざる天才ニコラ・テスラ」新戸雅章著

公開日:  更新日:

 エジソンと同時代を生きた偉大な発明家の評伝。

 日本人にはなじみが薄いテスラだが、今日の交流電力システムの生みの親で、無線技術の先駆者でもあり、欧米のカリスマ起業家らの尊敬を一身に集める人物だという。1856年、旧オーストリア帝国のクロアチアに生まれたテスラは、アメリカに渡りエジソンの助手となる。独立後、交流電力システムの実用化に成功。他にも無線やラジオなど数々の発明を成し遂げ、現在、私たちの生活に欠かせない交流モーターや蛍光灯などの放電照明、電子レンジなど、すべて彼が発明したか原理を提供したものだという。

 エジソンよりも独創的で、アインシュタインよりも魅力的だというテスラの功績をたどる。

(平凡社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る