「『アメリカの時代』の終焉に生まれ変わる日本」倉本圭造著

公開日:  更新日:

 経済思想家の著者が、これからの世界で日本が進むべき道を考察した国際関係テキスト。

 不透明な時代にあって、確実なのはアメリカが世界で唯一のスーパーパワーだった時代は終わるということ。多極化する世界はより不安定になり、問題を回避するために「欧米社会的な価値観」と「欧米以外の社会の伝統的な文化」の間のハイブリッド型の新しい考え方が必要になる。そうした世界中で解決の糸口が見つからずに困っている問題に「自分たちだけのオリジナルの解決策」を出していける最善のポジションにいるのが実は日本だと著者はいう。日本が秘めるポテンシャルを解説し、新しい世界を日本から作りだす理念と方法を示す。

(幻冬舎 778円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る