「『アメリカの時代』の終焉に生まれ変わる日本」倉本圭造著

公開日:  更新日:

 経済思想家の著者が、これからの世界で日本が進むべき道を考察した国際関係テキスト。

 不透明な時代にあって、確実なのはアメリカが世界で唯一のスーパーパワーだった時代は終わるということ。多極化する世界はより不安定になり、問題を回避するために「欧米社会的な価値観」と「欧米以外の社会の伝統的な文化」の間のハイブリッド型の新しい考え方が必要になる。そうした世界中で解決の糸口が見つからずに困っている問題に「自分たちだけのオリジナルの解決策」を出していける最善のポジションにいるのが実は日本だと著者はいう。日本が秘めるポテンシャルを解説し、新しい世界を日本から作りだす理念と方法を示す。

(幻冬舎 778円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る