• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アメリカ大統領戦記1775▼1783」兵頭二十八著

 アメリカが強大な国になったのは、資源と地理的に恵まれていたからだと日本人は考えるが、そうではない。有権者の質が高く、彼らがつくった質の高い州政府や連邦政府が適切な戦争指導を行ったからである。大統領を大国の指導者らしくふるまわせているのは、周囲の有権者なのだ。初代大統領ジョージ・ワシントンの初めての戦いは、後に英仏戦争の再燃を引き起こす、デュケーン要塞を守る戦いだった。

 陸上自衛隊出身の軍学者が、戦争指導力が必須のアメリカの歴代大統領の戦歴に注目し、1775年の独立戦争以降のアメリカの戦争の歴史を検証する、アメリカ通史シリーズ第1巻。

(草思社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る