「アメリカ大統領戦記1775▼1783」兵頭二十八著

公開日: 更新日:

 アメリカが強大な国になったのは、資源と地理的に恵まれていたからだと日本人は考えるが、そうではない。有権者の質が高く、彼らがつくった質の高い州政府や連邦政府が適切な戦争指導を行ったからである。大統領を大国の指導者らしくふるまわせているのは、周囲の有権者なのだ。初代大統領ジョージ・ワシントンの初めての戦いは、後に英仏戦争の再燃を引き起こす、デュケーン要塞を守る戦いだった。

 陸上自衛隊出身の軍学者が、戦争指導力が必須のアメリカの歴代大統領の戦歴に注目し、1775年の独立戦争以降のアメリカの戦争の歴史を検証する、アメリカ通史シリーズ第1巻。

(草思社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る