「関東連合」久田将義著

公開日: 更新日:

<いまどきのワル>

 ヤクザに半グレ、アングラマネー。いまどきのワルの手口や実態を知ろう。

<「半グレ」より「全グレ」と呼ぶにふさわしい不良グループ>

 警察の締め付け強化で組織暴力団が弱体化する一方、改正暴対法と暴力団排除条例のスキマを縫って急速に勢力を伸ばしたのが「半グレ」と呼ばれる新手の元不良少年グループ。その筆頭と目されるのが関東連合だ。市川海老蔵殴打事件や六本木の人違い殺人事件はいずれも関東連合関係者によるものとされる。もともと関東連合は70年代の暴走族。複数のチームがつるんで爆走するので「連合」となったらしい。

 しかし現在の関東連合は再結成された別組織で、中核はブラックエンペラーと宮前愚連隊など杉並や世田谷の暴走族。山手育ちらしく頭が切れ、ケンカっ早く、相手を負かしたら徹底的なリンチを加え、素っ裸にして男同士でフェラチオをさせて写真を撮るなど、残忍で陰湿な暴力を振るう。とはいえ初代のメンバーは現在40代後半から50代初めぐらいで、もちろん多くが堅気になっている。

 著者は裏社会情報満載の雑誌「実話ナックルズ」の元編集長。「半グレ」というあいまいな呼称より「全グレ」がふさわしいとする一方、AV業界や芸能界にも食い込む関東連合人脈は、まるで陰謀論の巨悪のように過大評価され過ぎともいう。
(筑摩書房 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る

人気キーワード