• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「童謡はどこへ消えた」服部公一氏

「一昔前は、『夕焼け小焼け』や『シャボン玉』『めだかの学校』などの童謡をテレビや街中でよく耳にしたものですが、最近ではほとんど聞かれなくなってしまいました。幼稚園でも、あまり童謡が教えられなくなりました。幼稚園には教科書がないので先生が選んだ歌を園児に教えるのですが、若い先生たち自身が童謡を知らないものだから、結果的に子供たちはテレビアニメの主題歌やCMソングなどはやりの歌ばかり歌っています」

 そもそも、日本ではどのようにして童謡が誕生したのか。

「明治維新以来、日本は西洋化を目指してきました。子供に手っ取り早く西洋の文化に馴染ませる手段として西欧から賛美歌やドイツなどの古い童謡を輸入し、子供が歌いやすく馴染みやすいよう、それに日本独自の歌詞をつけて、小学唱歌にしたんです。たとえば『ちょうちょう』などがそれですね。そして、大正7年に童謡童話雑誌『赤い鳥』が創刊されて、日本に初めて『童謡』という言葉が誕生しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る