「童謡はどこへ消えた」服部公一氏

公開日:  更新日:

「一昔前は、『夕焼け小焼け』や『シャボン玉』『めだかの学校』などの童謡をテレビや街中でよく耳にしたものですが、最近ではほとんど聞かれなくなってしまいました。幼稚園でも、あまり童謡が教えられなくなりました。幼稚園には教科書がないので先生が選んだ歌を園児に教えるのですが、若い先生たち自身が童謡を知らないものだから、結果的に子供たちはテレビアニメの主題歌やCMソングなどはやりの歌ばかり歌っています」

 そもそも、日本ではどのようにして童謡が誕生したのか。

「明治維新以来、日本は西洋化を目指してきました。子供に手っ取り早く西洋の文化に馴染ませる手段として西欧から賛美歌やドイツなどの古い童謡を輸入し、子供が歌いやすく馴染みやすいよう、それに日本独自の歌詞をつけて、小学唱歌にしたんです。たとえば『ちょうちょう』などがそれですね。そして、大正7年に童謡童話雑誌『赤い鳥』が創刊されて、日本に初めて『童謡』という言葉が誕生しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る