「性愛と結婚の日本史」加来耕三著

公開日: 更新日:

 日本人の奥深い恋愛文化と結婚の変遷をたどる歴史読み物。

 古事記の昔から、日本人は性に対して実におおらかで、恋愛が何よりも大好きな民族であったと著者はいう。その古事記によると、親子間や同母の兄妹(姉弟)だけは禁忌であったが、それ以外は男女にタブーはなく、最近の研究では「国生み神話」のあのイザナキとイザナミも兄妹ではないかと想定されているそうだ。現代では「夜這い」と誤解されているが、もともとは女性を訪ねた男性が名を「呼ばふ」という動詞の名詞化で、「婚い(よばい)」は婚姻手続きの第一段階だったという。その他、職業としての売笑(売春)のルーツなど、古典を読み解きながら往時の日本人に男女関係のヒントを学ぶ。(祥伝社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る