「愛する伴侶を失って 加賀乙彦と津村節子の対話」加賀乙彦、津村節子著

公開日:  更新日:

 がんで夫(吉村昭)を見送った津村氏と、くも膜下出血で突然、9歳年下の妻を亡くした加賀氏。80歳を前に連れ添った伴侶を失った2人が、故人を偲びながら生と死を語り合った対話集。

 夫の闘病中も仕事をつづけ、全身全霊で看護することができなかったことを悔やむ津村氏。一方、旅行の前夜に妻が風呂場で倒れているのを発見した加賀氏は、葬式を出した後も同じ時間に目覚める日が続いたという。さらに、キリスト教の洗礼を受けていたために代々の墓がある寺で断られ、妻が眠る場所を確保するにも紆余曲折があったという。お互いの出会いから、死後の喪失感まで、苦楽を共にした伴侶の死と真摯に向き合った2人の言葉が心にしみる。

(集英社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る