「しろいろの街の、その骨の体温の」村田紗耶香著

公開日:  更新日:

 拡張を続けるニュータウンに住む小学校4年の結佳の学校には転入生が絶えない。仲良しの若葉もその一人だ。もう一人、信子が加わりグループを作る結佳だが、心の中では自分は彼女たちとはちょっと違う女の子だと自負している。そんな結佳から見ると、同じ習字教室に通う伊吹は、年下のように幼く見えてしまう。言葉だけ知っている「初潮」や「精通」が何を意味するかも分からない結佳だが、いつも屈託のない伊吹を「おもちゃ」にしてみたいという気持ちがわき、自分からキスをする。

 女の子が少女へと変化していく時間を描いた第26回三島由紀夫賞受賞作。(朝日新聞出版 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る