「ハートブレイク・レストランふたたび」松尾由美著

公開日:  更新日:

 フリーライターの真以が通うファミリーレストランには、ハルという幽霊のおばあちゃんが出没する。探偵なみの洞察力を持つハルは、本物の事件から、周辺のささいな謎までなんでも解決してしまう。

 ハルと警察との橋渡し役を担ってきた真以は、ある日、ファミレスで打ち合わせ中の老人が、有名な画家の佐伯だと気づく。隣の席で刑事の南野に、記事で取り上げることになった音声認識で、合言葉を告げないと開かないペンケースについて説明していた真以に佐伯が声をかけてきた。佐伯には南野らには見えないハルの姿が見えているようだった。(「大げさなペンケースの問題」)

 人気ミステリーシリーズの続編。(光文社 620円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る