「ハートブレイク・レストランふたたび」松尾由美著

公開日:  更新日:

 フリーライターの真以が通うファミリーレストランには、ハルという幽霊のおばあちゃんが出没する。探偵なみの洞察力を持つハルは、本物の事件から、周辺のささいな謎までなんでも解決してしまう。

 ハルと警察との橋渡し役を担ってきた真以は、ある日、ファミレスで打ち合わせ中の老人が、有名な画家の佐伯だと気づく。隣の席で刑事の南野に、記事で取り上げることになった音声認識で、合言葉を告げないと開かないペンケースについて説明していた真以に佐伯が声をかけてきた。佐伯には南野らには見えないハルの姿が見えているようだった。(「大げさなペンケースの問題」)

 人気ミステリーシリーズの続編。(光文社 620円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る