「漂流老人 ホームレス社会」森川すいめい著

公開日:  更新日:

 ホームレス支援のボランティアを長年続けてきた精神科医が、彼らが置かれた厳しい現実を伝えるドキュメンタリー。

 失業して家賃が払えなくなり兄の家に居候中、うつ病を発症した佐々木さんは、兄との口論がきっかけで家を飛び出す。仕事を求めて上京するが、持ち金が尽きて路上生活者になり、雨に打たれて衰弱したところで著者らに出会う。しかし、救急車で搬送された病院で満足に診察をしてもらえず、低体温症で死亡する。

 その他、娘夫婦の家庭内暴力を受け、満身創痍で逃げ出してきた女性や、派遣切りで解雇され車いす生活の80代の母親を抱えて路頭に迷う50代の男性など、彼らのケースから現代社会の課題が浮かび上がる。(朝日新聞出版 600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る