「究極の純愛小説を、君に」浦賀和宏著

公開日:  更新日:

 高校2年の八木が所属する文芸部の男女8人は、夏合宿のため富士山麓の樹海近くのペンションに滞在。夜、顧問の中谷は八木らに課題を与え、密かにペンションを抜け出す。数カ月前、中谷はこのペンションに宿泊していた妻とその愛人を殺して埋めた。妻の失踪届は受理され、中谷に疑いがかかることはなかった。しかし、ある事情から2人を埋めた場所を掘り返さなければならなくなった中谷は、カムフラージュのため合宿を計画したのだ。翌朝、八木たちが起きると中谷が消えていた。

 そして、保険調査員の琴美は、7年前に24歳で失踪した八木の行方を追っていた。

 複雑な構成で読者を魅了する長編ミステリー。(徳間書店 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る