• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「究極の純愛小説を、君に」浦賀和宏著

 高校2年の八木が所属する文芸部の男女8人は、夏合宿のため富士山麓の樹海近くのペンションに滞在。夜、顧問の中谷は八木らに課題を与え、密かにペンションを抜け出す。数カ月前、中谷はこのペンションに宿泊していた妻とその愛人を殺して埋めた。妻の失踪届は受理され、中谷に疑いがかかることはなかった。しかし、ある事情から2人を埋めた場所を掘り返さなければならなくなった中谷は、カムフラージュのため合宿を計画したのだ。翌朝、八木たちが起きると中谷が消えていた。

 そして、保険調査員の琴美は、7年前に24歳で失踪した八木の行方を追っていた。

 複雑な構成で読者を魅了する長編ミステリー。(徳間書店 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る