「究極の純愛小説を、君に」浦賀和宏著

公開日:  更新日:

 高校2年の八木が所属する文芸部の男女8人は、夏合宿のため富士山麓の樹海近くのペンションに滞在。夜、顧問の中谷は八木らに課題を与え、密かにペンションを抜け出す。数カ月前、中谷はこのペンションに宿泊していた妻とその愛人を殺して埋めた。妻の失踪届は受理され、中谷に疑いがかかることはなかった。しかし、ある事情から2人を埋めた場所を掘り返さなければならなくなった中谷は、カムフラージュのため合宿を計画したのだ。翌朝、八木たちが起きると中谷が消えていた。

 そして、保険調査員の琴美は、7年前に24歳で失踪した八木の行方を追っていた。

 複雑な構成で読者を魅了する長編ミステリー。(徳間書店 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る