「鬼の花火師 玉屋市郎兵衛」(上・下)小嵐九八郎著

公開日: 更新日:

 天明3年の夏、上野国鎌原村の百姓の息子・友之助が浅間山の大焼けを見物するために寺の観音堂の屋根に上ると先客がいた。江戸帰りの生け花の師匠・紀伊だった。大焼けに興奮した紀伊は友之助と交わりながら、江戸の花火の話を聞かせる。

 翌朝、浅間山が大噴火し、友之助は祖父母と両親を失い、2歳年下の妹と生き残った村人たちと信州を目指す。友之助は、頭役の男の不正が許せず殺し、わずか14歳にして皆を束ねることになり、やがて皆を率いて一揆に加わる。その後、知り合った破戒僧のつてで江戸の鍵屋にでっちとして潜り込む。

 理想の花火を打ち上げるために悪事の限りを尽くした3代目玉屋市郎兵衛を描いた時代エンタメ。(宝島社 各730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る