「鬼の花火師 玉屋市郎兵衛」(上・下)小嵐九八郎著

公開日:  更新日:

 天明3年の夏、上野国鎌原村の百姓の息子・友之助が浅間山の大焼けを見物するために寺の観音堂の屋根に上ると先客がいた。江戸帰りの生け花の師匠・紀伊だった。大焼けに興奮した紀伊は友之助と交わりながら、江戸の花火の話を聞かせる。

 翌朝、浅間山が大噴火し、友之助は祖父母と両親を失い、2歳年下の妹と生き残った村人たちと信州を目指す。友之助は、頭役の男の不正が許せず殺し、わずか14歳にして皆を束ねることになり、やがて皆を率いて一揆に加わる。その後、知り合った破戒僧のつてで江戸の鍵屋にでっちとして潜り込む。

 理想の花火を打ち上げるために悪事の限りを尽くした3代目玉屋市郎兵衛を描いた時代エンタメ。(宝島社 各730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る