「鬼の花火師 玉屋市郎兵衛」(上・下)小嵐九八郎著

公開日:  更新日:

 天明3年の夏、上野国鎌原村の百姓の息子・友之助が浅間山の大焼けを見物するために寺の観音堂の屋根に上ると先客がいた。江戸帰りの生け花の師匠・紀伊だった。大焼けに興奮した紀伊は友之助と交わりながら、江戸の花火の話を聞かせる。

 翌朝、浅間山が大噴火し、友之助は祖父母と両親を失い、2歳年下の妹と生き残った村人たちと信州を目指す。友之助は、頭役の男の不正が許せず殺し、わずか14歳にして皆を束ねることになり、やがて皆を率いて一揆に加わる。その後、知り合った破戒僧のつてで江戸の鍵屋にでっちとして潜り込む。

 理想の花火を打ち上げるために悪事の限りを尽くした3代目玉屋市郎兵衛を描いた時代エンタメ。(宝島社 各730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る