「ニッポンぶらり旅 アゴの竹輪とドイツビール」太田和彦著

公開日:  更新日:

 居酒屋の達人がつづる紀行エッセー。

 東日本大震災の直後に出かけた横浜では、桜木町駅周辺に自費で桜の苗木を植樹している老画家に誘われ植樹祭に参加。その記念講演で耳にした日本の鉄道建築の父である英国人モレルが眠る外国人墓地などにも足を運び、夜は野毛町の居酒屋「小半(こなから)」で、「しこさし」(指でさばいた新鮮なしこいわし)や、フグ白子よりも上品な「鯛の白子焼き」、さらに母親の味を思い出す中華「萬里」の水餃子などをさかなに杯を重ねる。

 その他、15年ぶりに訪ねた鳥取では刺し身やアゴ子から竹輪までアゴ三昧、さらに故郷の松本や木曽など。8都市を歩きながら復興最中の東北に思いをめぐらす。(集英社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る