「ニッポンぶらり旅 アゴの竹輪とドイツビール」太田和彦著

公開日: 更新日:

 居酒屋の達人がつづる紀行エッセー。

 東日本大震災の直後に出かけた横浜では、桜木町駅周辺に自費で桜の苗木を植樹している老画家に誘われ植樹祭に参加。その記念講演で耳にした日本の鉄道建築の父である英国人モレルが眠る外国人墓地などにも足を運び、夜は野毛町の居酒屋「小半(こなから)」で、「しこさし」(指でさばいた新鮮なしこいわし)や、フグ白子よりも上品な「鯛の白子焼き」、さらに母親の味を思い出す中華「萬里」の水餃子などをさかなに杯を重ねる。

 その他、15年ぶりに訪ねた鳥取では刺し身やアゴ子から竹輪までアゴ三昧、さらに故郷の松本や木曽など。8都市を歩きながら復興最中の東北に思いをめぐらす。(集英社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  8. 8

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る