「ニッポンぶらり旅 アゴの竹輪とドイツビール」太田和彦著

公開日:  更新日:

 居酒屋の達人がつづる紀行エッセー。

 東日本大震災の直後に出かけた横浜では、桜木町駅周辺に自費で桜の苗木を植樹している老画家に誘われ植樹祭に参加。その記念講演で耳にした日本の鉄道建築の父である英国人モレルが眠る外国人墓地などにも足を運び、夜は野毛町の居酒屋「小半(こなから)」で、「しこさし」(指でさばいた新鮮なしこいわし)や、フグ白子よりも上品な「鯛の白子焼き」、さらに母親の味を思い出す中華「萬里」の水餃子などをさかなに杯を重ねる。

 その他、15年ぶりに訪ねた鳥取では刺し身やアゴ子から竹輪までアゴ三昧、さらに故郷の松本や木曽など。8都市を歩きながら復興最中の東北に思いをめぐらす。(集英社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る