• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「監察医の涙」上野正彦著

 これまで2万体を検視した法医学の権威がつづったドキュメント。

 脳梗塞で半身不随になった老妻が浴槽で溺死体で見つかり、献身的に介護してきた夫は睡眠薬自殺を図るが一命を取り留める。介護疲れによる殺人かと思われたが、その妻の手首に残った夫の痕から、溺れさせるために押さえつけたのではなく、引っ張り上げるときにできる手の痕だと分かったという。

 その他、重度の障害を持つ我が子と無理心中を図った父親の妻への思い、継父の虐待で亡くなった6歳の男の子の体に残っていた無数の傷痕、そして下宿人の大学生との情事中にくも膜下出血で亡くなった60代の女性など。死の現場から浮かび上がる忘れがたき人間ドラマを紹介する。(ポプラ社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る