「監察医の涙」上野正彦著

公開日:  更新日:

 これまで2万体を検視した法医学の権威がつづったドキュメント。

 脳梗塞で半身不随になった老妻が浴槽で溺死体で見つかり、献身的に介護してきた夫は睡眠薬自殺を図るが一命を取り留める。介護疲れによる殺人かと思われたが、その妻の手首に残った夫の痕から、溺れさせるために押さえつけたのではなく、引っ張り上げるときにできる手の痕だと分かったという。

 その他、重度の障害を持つ我が子と無理心中を図った父親の妻への思い、継父の虐待で亡くなった6歳の男の子の体に残っていた無数の傷痕、そして下宿人の大学生との情事中にくも膜下出血で亡くなった60代の女性など。死の現場から浮かび上がる忘れがたき人間ドラマを紹介する。(ポプラ社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る