「花鳥茶屋 せせらぎ」志川節子著

公開日:  更新日:

 不忍池のほとりに珍しい鳥や植物を集めて見せる、行楽客に人気の花鳥茶屋〈せせらぎ〉。16歳の勝次はここで鳥籠職人の修業をしている。

 ある日、松川屋彦左衛門が妾のお絹を連れてやってきた。お絹はヤマガラを飼いたいというが、あいにくヤマガラ籠が売り切れで、勝次が注文の籠を作ることに。勝次が籠の材料の見本と図面をもって訪れたとき、お絹の家には扇屋の若旦那の卯之さんという先客があった。お絹は、彦左衛門は六の日にしか来ないからだいじょうぶだと言うが、後日、勝次は卯之が女と出合い茶屋から出てくるのを見た。

 不忍池で繰り広げられる茶くみ娘や眼鏡職人などの青春を描く時代小説6編。(祥伝社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る