「花鳥茶屋 せせらぎ」志川節子著

公開日:  更新日:

 不忍池のほとりに珍しい鳥や植物を集めて見せる、行楽客に人気の花鳥茶屋〈せせらぎ〉。16歳の勝次はここで鳥籠職人の修業をしている。

 ある日、松川屋彦左衛門が妾のお絹を連れてやってきた。お絹はヤマガラを飼いたいというが、あいにくヤマガラ籠が売り切れで、勝次が注文の籠を作ることに。勝次が籠の材料の見本と図面をもって訪れたとき、お絹の家には扇屋の若旦那の卯之さんという先客があった。お絹は、彦左衛門は六の日にしか来ないからだいじょうぶだと言うが、後日、勝次は卯之が女と出合い茶屋から出てくるのを見た。

 不忍池で繰り広げられる茶くみ娘や眼鏡職人などの青春を描く時代小説6編。(祥伝社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る