• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花鳥茶屋 せせらぎ」志川節子著

 不忍池のほとりに珍しい鳥や植物を集めて見せる、行楽客に人気の花鳥茶屋〈せせらぎ〉。16歳の勝次はここで鳥籠職人の修業をしている。

 ある日、松川屋彦左衛門が妾のお絹を連れてやってきた。お絹はヤマガラを飼いたいというが、あいにくヤマガラ籠が売り切れで、勝次が注文の籠を作ることに。勝次が籠の材料の見本と図面をもって訪れたとき、お絹の家には扇屋の若旦那の卯之さんという先客があった。お絹は、彦左衛門は六の日にしか来ないからだいじょうぶだと言うが、後日、勝次は卯之が女と出合い茶屋から出てくるのを見た。

 不忍池で繰り広げられる茶くみ娘や眼鏡職人などの青春を描く時代小説6編。(祥伝社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る