「奇食珍食 糞便録」椎名誠著

公開日:  更新日:

 辺境を旅してきた著者が各地で見聞してきた「食う」「出す」をつづったルポルタージュ。

 1980年代、上海で体験したドアも隣とのしきりもない「公厠」(公衆便所)。当時の上海は、空港や駅、デパートなど全てこの「開放便所」だったという。チベット自治区ではさらに開放度が増し、屋根の上の物干し場のような場所に設けられた天空便所となる。人口の半分が路上で済ますインドでは、糞尿処理人が山となった糞便を集めて回る。一方の食は、その場でさばいたコブラを揚げて作るベトナムのコブラサンドや、長野で食べた馬のキンタマの刺し身、アマゾンのワイカ族が好むアリのしゃぶしゃぶなど。食事と排便という行為から世界の奥行きが浮かびあがる。(集英社 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る