「奇食珍食 糞便録」椎名誠著

公開日:  更新日:

 辺境を旅してきた著者が各地で見聞してきた「食う」「出す」をつづったルポルタージュ。

 1980年代、上海で体験したドアも隣とのしきりもない「公厠」(公衆便所)。当時の上海は、空港や駅、デパートなど全てこの「開放便所」だったという。チベット自治区ではさらに開放度が増し、屋根の上の物干し場のような場所に設けられた天空便所となる。人口の半分が路上で済ますインドでは、糞尿処理人が山となった糞便を集めて回る。一方の食は、その場でさばいたコブラを揚げて作るベトナムのコブラサンドや、長野で食べた馬のキンタマの刺し身、アマゾンのワイカ族が好むアリのしゃぶしゃぶなど。食事と排便という行為から世界の奥行きが浮かびあがる。(集英社 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る