• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「無学問のすすめ」伊東祐吏著

「学問をすると、バカになる」と断言する著者が、知識人らの言うことを鵜呑みにせず、学問にとらわれない知性のあり方=頭の使い方を説いたテキスト。

 例えば、医者が医療費や病院運営のために患者をやたらと病気にしたがるように、学問が自己目的化していると指摘。学問をすると、その積み重ねた知識に頼り、難しいことばかりを考えるようになり、学問の立場からしか発言ができなくなる。原発事故時の知識人たちの発言などを俎上に載せ、正しさを求めて興奮しているだけの彼らを「勃起する知性」と批判。学問や知識の奴隷とならず、自分の頭と体で物事を考え、感じることの大切さを教える。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る