• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「無学問のすすめ」伊東祐吏著

「学問をすると、バカになる」と断言する著者が、知識人らの言うことを鵜呑みにせず、学問にとらわれない知性のあり方=頭の使い方を説いたテキスト。

 例えば、医者が医療費や病院運営のために患者をやたらと病気にしたがるように、学問が自己目的化していると指摘。学問をすると、その積み重ねた知識に頼り、難しいことばかりを考えるようになり、学問の立場からしか発言ができなくなる。原発事故時の知識人たちの発言などを俎上に載せ、正しさを求めて興奮しているだけの彼らを「勃起する知性」と批判。学問や知識の奴隷とならず、自分の頭と体で物事を考え、感じることの大切さを教える。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る