• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「住んでいるのに全然知らない!?『住まい』の秘密〈一戸建て編〉」 加藤純著

「壁の中や床の下はどうなっているのか」など、知っているようで知らないことばかりの「家」の基礎知識が学べる教科書。

 ハウスメーカーは、家族が快適に暮らす延べ床面積を1人当たり8坪で計算するそうだが、敷地に余裕がない都市部では厳しい。ある設計者は4人家族の戸建て住宅に必要な最低延べ床面積は25坪とし、1人増えるごとに5坪を目安に足すという。その他、間取りを表す日本固有の「何々LDK」という表記の由来、昔ながらの尺貫法が混在する住宅の寸法をめぐる秘密、1平方メートルあたり180キロの重量に耐えられるよう設計されている床など各部の構造、そしてガスや水道・電気などライフラインと家の関係まで。マイホームの建設・購入を予定している人はまず一読を。(実業之日本社 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る