「すぐにわかる戦争法=安保法制ってなに?」戦争をさせない1000人委員会編

公開日:  更新日:

 参議院でも可決してしまった「安保法制」を分析・批判し、廃案に追い込むために編まれたテキスト。

 そもそも政権は、自衛隊の海外での武力行使を可能にする法案に「国際平和支援法案」「平和安全法制整備法案」などの名称をつけて国民に本質と危険性を隠そうとしていると指摘し、その性質を正確に示すならば「戦争法案」と称されるべきと批判。いわゆる「グレーゾーン」への対処など自衛隊の活動範囲の拡大や、集団的自衛権行使など、法案の問題点や矛盾点を改めて解説。

 さらに、法案に反対する各界の人々の寄稿、そして憲法と法案の関係など。さまざまな視点から法案の危険性を解き明かし、それを強引に成立させようとしている政権に疑問を投げかける。(七つ森書館 1200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る