• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「すぐにわかる戦争法=安保法制ってなに?」戦争をさせない1000人委員会編

 参議院でも可決してしまった「安保法制」を分析・批判し、廃案に追い込むために編まれたテキスト。

 そもそも政権は、自衛隊の海外での武力行使を可能にする法案に「国際平和支援法案」「平和安全法制整備法案」などの名称をつけて国民に本質と危険性を隠そうとしていると指摘し、その性質を正確に示すならば「戦争法案」と称されるべきと批判。いわゆる「グレーゾーン」への対処など自衛隊の活動範囲の拡大や、集団的自衛権行使など、法案の問題点や矛盾点を改めて解説。

 さらに、法案に反対する各界の人々の寄稿、そして憲法と法案の関係など。さまざまな視点から法案の危険性を解き明かし、それを強引に成立させようとしている政権に疑問を投げかける。(七つ森書館 1200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る