「アメリカのジレンマ実験国家はどこへゆくのか」渡辺靖著

公開日:  更新日:

 第2次世界大戦後のアメリカ社会の変容を読み解くアメリカ論。

 まずは、アメリカが日本の戦後をどのように見ているのかを検証しながら、かの国の戦後社会が大切にしてきた価値を考察。かつて日本の左派を警戒していたアメリカがいま注視するのは右派だという。その理由は、東京裁判の否定など彼らの言説がアメリカの正義や、大戦後の世界秩序を否定しかねないからだ。一方で南北戦争以降の歴史をひもときながら、第2次世界大戦を通じて形成された「われわれはアメリカ人」という誇り高き自意識が今日まで影響を与えていると指摘。政治・外交・社会の切り口からアメリカ社会の実相を描き出す。(NHK出版 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る