「アメリカのジレンマ実験国家はどこへゆくのか」渡辺靖著

公開日:  更新日:

 第2次世界大戦後のアメリカ社会の変容を読み解くアメリカ論。

 まずは、アメリカが日本の戦後をどのように見ているのかを検証しながら、かの国の戦後社会が大切にしてきた価値を考察。かつて日本の左派を警戒していたアメリカがいま注視するのは右派だという。その理由は、東京裁判の否定など彼らの言説がアメリカの正義や、大戦後の世界秩序を否定しかねないからだ。一方で南北戦争以降の歴史をひもときながら、第2次世界大戦を通じて形成された「われわれはアメリカ人」という誇り高き自意識が今日まで影響を与えていると指摘。政治・外交・社会の切り口からアメリカ社会の実相を描き出す。(NHK出版 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る