• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アメリカのジレンマ実験国家はどこへゆくのか」渡辺靖著

 第2次世界大戦後のアメリカ社会の変容を読み解くアメリカ論。

 まずは、アメリカが日本の戦後をどのように見ているのかを検証しながら、かの国の戦後社会が大切にしてきた価値を考察。かつて日本の左派を警戒していたアメリカがいま注視するのは右派だという。その理由は、東京裁判の否定など彼らの言説がアメリカの正義や、大戦後の世界秩序を否定しかねないからだ。一方で南北戦争以降の歴史をひもときながら、第2次世界大戦を通じて形成された「われわれはアメリカ人」という誇り高き自意識が今日まで影響を与えていると指摘。政治・外交・社会の切り口からアメリカ社会の実相を描き出す。(NHK出版 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る