【ストップ!安倍壊憲】天下の大愚策、安倍ゴリ押し壊憲路線を阻止せよ

公開日: 更新日:

「安倍壊憲クーデターとメディア支配」丸山重威著

 今回の騒動で明らかになったのが安倍政権の露骨なまでのマスコミ操作。特に大手マスコミの腰の引け具合は惨憺たるもの。本書の著者は共同通信で社会部からラジオ・テレビ局などの要職をつとめたジャーナリスト。専門家の立場で安倍政権のマスコミ操作とメディア側の対応を検証している。

 特に目を引くのがテレビ報道の弱腰ぶり。原爆記念日の式典で被爆者代表が現今の壊憲論議に不安を表明してもNHKはあっさりスルー。その一方、首相はテレビへの単独出演を好み、「そこまで言って委員会」「スッキリ!!」「笑っていいとも!」にも連続出演。先日は「ミヤネ屋」でも大はしゃぎした。さらには読売、産経、フジテレビなど保守系のマスコミ各社のほか朝日新聞、テレビ朝日、共同通信などの経営陣とも積極的に会食・懇談している。

 これは「権力とメディアの間の緊張感の喪失」にほかならない。かつて「第4の権力」といわれたメディアの体たらくに失望したからこそ、いま国民の間であれほどデモが起こっているのではないか。(あけび書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  7. 7

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る