• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ストップ!安倍壊憲】天下の大愚策、安倍ゴリ押し壊憲路線を阻止せよ

「安倍壊憲クーデターとメディア支配」丸山重威著

 今回の騒動で明らかになったのが安倍政権の露骨なまでのマスコミ操作。特に大手マスコミの腰の引け具合は惨憺たるもの。本書の著者は共同通信で社会部からラジオ・テレビ局などの要職をつとめたジャーナリスト。専門家の立場で安倍政権のマスコミ操作とメディア側の対応を検証している。

 特に目を引くのがテレビ報道の弱腰ぶり。原爆記念日の式典で被爆者代表が現今の壊憲論議に不安を表明してもNHKはあっさりスルー。その一方、首相はテレビへの単独出演を好み、「そこまで言って委員会」「スッキリ!!」「笑っていいとも!」にも連続出演。先日は「ミヤネ屋」でも大はしゃぎした。さらには読売、産経、フジテレビなど保守系のマスコミ各社のほか朝日新聞、テレビ朝日、共同通信などの経営陣とも積極的に会食・懇談している。

 これは「権力とメディアの間の緊張感の喪失」にほかならない。かつて「第4の権力」といわれたメディアの体たらくに失望したからこそ、いま国民の間であれほどデモが起こっているのではないか。(あけび書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る