• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ストップ!安倍壊憲】天下の大愚策、安倍ゴリ押し壊憲路線を阻止せよ

「安倍壊憲クーデターとメディア支配」丸山重威著

 今回の騒動で明らかになったのが安倍政権の露骨なまでのマスコミ操作。特に大手マスコミの腰の引け具合は惨憺たるもの。本書の著者は共同通信で社会部からラジオ・テレビ局などの要職をつとめたジャーナリスト。専門家の立場で安倍政権のマスコミ操作とメディア側の対応を検証している。

 特に目を引くのがテレビ報道の弱腰ぶり。原爆記念日の式典で被爆者代表が現今の壊憲論議に不安を表明してもNHKはあっさりスルー。その一方、首相はテレビへの単独出演を好み、「そこまで言って委員会」「スッキリ!!」「笑っていいとも!」にも連続出演。先日は「ミヤネ屋」でも大はしゃぎした。さらには読売、産経、フジテレビなど保守系のマスコミ各社のほか朝日新聞、テレビ朝日、共同通信などの経営陣とも積極的に会食・懇談している。

 これは「権力とメディアの間の緊張感の喪失」にほかならない。かつて「第4の権力」といわれたメディアの体たらくに失望したからこそ、いま国民の間であれほどデモが起こっているのではないか。(あけび書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  9. 9

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る