「自分という奇蹟」五木寛之著

公開日: 更新日:

 生き方、考え方の基本を説いたエッセー集。

 気持ちが滅入って仕方がないとき、著者は困難な状況の中で生き抜いた人の悲惨な運命のことを考えることにしているという。そんなときに思い出すアウシュビッツ強制収容所から生還した医師が書いた本「夜と霧」を紹介しながら、夕日の美しさに見とれるなど、日常なにげなくやっているようなことが、人間に生きる力を与えてくれたり、強く支えてくれたりすることがあると説く。さらに1本のライ麦の苗が1万キロ以上の根を張り巡らすことを例に、私たちはたくさんのものに支えられて奇蹟的に生きているのだと、失敗を重ねても、偏見に包まれても、生きていることにまず価値があることを伝える。(PHP研究所 600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  6. 6

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る