「おれたちを笑うな!」椎名誠著

公開日: 更新日:

 釣果を問わず、果敢に出撃を繰り返す「雑魚釣り隊」の釣行の顛末をつづる人気シリーズ第4弾。

 1月の遠征は伊豆へ。当初は、厳寒期の浜辺でのキャンプをもくろんだが、隊長である著者が、あろうことか痛風を発症。おまけにインフルエンザの病み上がりで貸別荘に寝床を定める。当日、全国各地から隊員13人が集結。持ち船(ゴムボート)の「かいじん丸」で早々に出航する者もあり、各人がそれぞれに腕を競うが、結局その日の唯一の獲物は40センチ級のゴマサバ1匹だった(東伊豆ゴマサバ騒動)。

 その他、韓国・済州島でのサバイバル釣りや真冬の海浜強化合宿など、大真面目に遊ぶコドモ大人たちの珍釣り紀行。(小学館 670円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る