TPPと戦争法案の裏表

公開日: 更新日:

「TPP亡国論」中野剛志著 集英社新書

 私が池上彰をダメだと思う最大の理由は、彼がTPPに賛成していることだが、10月6日付の大手紙は、まるで池上に説得されたかのように「TPP合意へ」と報じていた。情けない限りである。8日付の本紙が孤軍奮闘して、これを推進する自民党のウソを暴いている。

 TPPを結べば、日本の食料自給率は確実に下がるが、4年前のベストセラーの「TPP亡国論」には、こんな一節があった。

 2003年の穀物自給率で見ると、フランスが173%、アメリカが132%、イギリスが99%であるのに、日本はわずか27%で、足りない分をほとんどアメリカから輸入している。しかし、いま、地球規模で起きている水資源の枯渇が深刻化して不作になった時、アメリカや他の国が自国民を犠牲にして日本に穀物を輸出してくれることは考えられない。

 中野の指摘するように「アメリカは、食糧価格の上昇を見越して、TPPを仕掛けてきている」のである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る