「風のかたみ」福永武彦著

公開日:  更新日:

 信濃から都へ上る途中、連れとはぐれてしまった大伴の次郎信親は、迷い込んだ近江のススキの原で出会った陰陽師と古堂で一夜を過ごすことに。まもなく明かりに吸い寄せられるように、伊勢に向かう途中だという笛師の喜仁が加わる。夜中、次郎が気配に目を覚ますと、葬列が堂を目指して進んでくる。陰陽師の術による幻影と思われた。翌朝、目を覚ますと喜仁が消え、彼が伊勢の守に献上すると言っていた名笛が残されていた。陰陽師と別れ、都にたどり着いた次郎は、亡き叔母の縁故を頼り中納言の屋敷を訪ねる。叔母の忘れ形見の萩姫を恋慕する次郎だが、萩姫は一夜を契った安麻呂が忘れられずにいた。

 王朝ロマン小説の名作の復刊。(河出書房新社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る