「吉原という異界」塩見鮮一郎著

公開日: 更新日:

 資料を読み解きながら江戸の遊郭・吉原の変遷をたどる歴史エッセー。

 家康によって江戸城の普請が始まると、遊女を置く「傾城屋」が麹町8丁目や鎌倉河岸、京橋角町などの繁華な町に出現。やがて京橋の傾城町が現在の人形町にあたる「よし原町」と呼ばれる場所に移転した(元吉原)。やがて江戸が活気づいてくると、各町の楼主たちは、大坂の新町や京都六条の三筋町のような公認の遊女町をつくることを要望するが、家康は認めない。家康が死んだ翌年の元和3(1617)年、吉原は公認され、ここ以外での売春は禁止される。吉原開基の通説の元になっている享保時代の「洞房語園」などの誤りを正しながら、その歴史の裏側を克明に描き出す。

(河出書房新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  7. 7

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る