「吉原という異界」塩見鮮一郎著

公開日: 更新日:

 資料を読み解きながら江戸の遊郭・吉原の変遷をたどる歴史エッセー。

 家康によって江戸城の普請が始まると、遊女を置く「傾城屋」が麹町8丁目や鎌倉河岸、京橋角町などの繁華な町に出現。やがて京橋の傾城町が現在の人形町にあたる「よし原町」と呼ばれる場所に移転した(元吉原)。やがて江戸が活気づいてくると、各町の楼主たちは、大坂の新町や京都六条の三筋町のような公認の遊女町をつくることを要望するが、家康は認めない。家康が死んだ翌年の元和3(1617)年、吉原は公認され、ここ以外での売春は禁止される。吉原開基の通説の元になっている享保時代の「洞房語園」などの誤りを正しながら、その歴史の裏側を克明に描き出す。

(河出書房新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る