「吉原という異界」塩見鮮一郎著

公開日: 更新日:

 資料を読み解きながら江戸の遊郭・吉原の変遷をたどる歴史エッセー。

 家康によって江戸城の普請が始まると、遊女を置く「傾城屋」が麹町8丁目や鎌倉河岸、京橋角町などの繁華な町に出現。やがて京橋の傾城町が現在の人形町にあたる「よし原町」と呼ばれる場所に移転した(元吉原)。やがて江戸が活気づいてくると、各町の楼主たちは、大坂の新町や京都六条の三筋町のような公認の遊女町をつくることを要望するが、家康は認めない。家康が死んだ翌年の元和3(1617)年、吉原は公認され、ここ以外での売春は禁止される。吉原開基の通説の元になっている享保時代の「洞房語園」などの誤りを正しながら、その歴史の裏側を克明に描き出す。

(河出書房新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る