• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「100円メガネで視力は回復する!!」平松類著

 本や新聞が読みにくい。薄暗くなると文字が見えにくい……などの症状は、目の老化現象である老眼の証し。毛様体筋という目の筋肉の柔軟性が損なわれ、ピント調節力が低下して起こるものだ。しかし、年のせいだからと諦める必要はないと本書。毛様体筋を緩めて筋肉の柔軟性を取り戻すトレーニングを行えば、ピント調節力を回復して老眼を克服できる可能性があるのだ。その方法とは、100円ショップで売っている「+2度の老眼鏡」をかけること。ピントが合わない状態を強制的につくることで、筋肉を効率的にほぐすことができるのだという。

 このメガネを1日5分間かけるだけで、外した直後から視界がクリアになるのが分かるはず。費用がたった100円という点もうれしい限りだ。(永岡書店 1000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る