【プロパガンダの過去と現在】「戦争法案」騒動で弱腰に終始した大手マスコミ。その裏には権力によるプロパガンダの歴史が深く横たわっている。

公開日:  更新日:

「戦争と新聞」鈴木健二著

 毎日新聞で政治記者を長年つとめた著者。その人がこう言う。

 戦後70年、日本は直接戦争に巻き込まれることはなかったがゆえに日本の新聞は国益をにらみつつ報道の自由を追求するせめぎ合いを経験しなかった。そのひ弱さが、いま「平和安全法制」などの名目下で進められる戦争法案の制定をみすみす許す結果になっている。

「新聞は攻めているときは強いが、守りに回ればこれほど弱いものはない」のだ――。

 本書はこんな立場から明治・大正・昭和、そして戦後の3期にわたって日本の新聞界がいかに権力のプロパガンダと戦い、弾圧を受け、また巻き込まれて翻弄され、ときには片棒を担いできたかを詳しく検証する。

 特に戦前の東京日日新聞(現在の毎日新聞)の動きがつぶさに観察されるのは自分の出身母体だからだろう。マスコミ嫌いだがマスコミ操縦にも長けていた佐藤栄作政権の手法に触れながら、わずかな潮目の変化で激しいマスコミ論調が嘘のように引いていく過程も見逃さない。気骨の新聞人による気迫の新聞批判だ。(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る