「世界はこのままイスラーム化するのか」島田裕巳、中田考著

公開日:  更新日:

 ある研究所の推計によると、世界のイスラム総人口は、15年後に現在の約16億人から22億人近くに急増し、世界人口の26.4%を占めるまでになるという。日本も、移民の受け入れが始まれば、イスラム化は免れない。本書は、宗教学者の島田氏と、イスラム教徒でありイスラム研究者でもある中田氏が、世界の中で存在感を増すイスラムについて語り合った対談集。

 ユダヤ教からキリスト教が生まれ、2つの宗教の影響を受けてイスラム教が成立したという従来の日本人の見識は間違っていると、成り立ちなどの基本から解説。さらにイスラム原理主義の源流ともいえる法学者イブン・タイミーヤから税金制度まで。彼らの教えや行動原理を学ぶ。

(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る