「グアンタナモ収容所地獄からの手記」モハメドゥ・ウルド・スラヒ著、ラリー・シームズ編、中島由華訳

公開日: 更新日:

 米国は、9・11の後、テロとの戦いを名目に、キューバ南東部に位置するグアンタナモ基地内の収容所に、世界各地で捕らえた「テロ容疑者」を集めて尋問を行ってきた。領土外の収容所なら人道的待遇を義務付けた国際条約は適用されないとして、無期限の拘束や残酷な尋問も問題にされないまま放置されているという。本書は、テロへの関与を疑われてグアンタナモ収容所に送られ、何らかの罪状で裁判が行われることもないまま14年間拘束されているひとりの男による手記である。

 拘禁中に覚えた英語によって書かれた手書きの手記は、政府の検閲によって不都合な部分は黒塗りにされた上で編者の手に渡っているため、いたるところに黒塗り箇所が出現する。それでも家族にも知らされないまま収容所に送られ、暴力や暴言、睡眠妨害など、不当な目に遭った日常が、抑制のきいた文章から伝わる。「テロ」の言葉ひとつで、人権を簡単に踏みにじることが可能な現状に悪寒を覚える。(河出書房新社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る

人気キーワード