「よく眠るための科学が教える10の秘密」リチャード・ワイズマン著、木村博江訳

公開日: 更新日:

 人生の3分の1を占める眠りと夢の関係を明らかにする科学ノンフィクション。

 実は睡眠は、思考や感情、行動に影響を与えているという。20世紀初頭、脳波の記録を可能にしたドイツ人のベルガーから、睡眠学習の効果を明らかにした近年の研究まで。さまざまな研究者たちが行ってきた睡眠にまつわる実験を紹介しながら、睡眠中の勃起の有無でインポテンツの原因が分かることや、人はなぜ夢を見るのか、さらに居眠りの効果や、夜中に目が覚めてしまう分割型睡眠の意外な事実など、睡眠にまつわるさまざまな見識を解説。それらの研究から導き出される質の高い眠りを得るための方法も伝授する。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る