• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「よく眠るための科学が教える10の秘密」リチャード・ワイズマン著、木村博江訳

 人生の3分の1を占める眠りと夢の関係を明らかにする科学ノンフィクション。

 実は睡眠は、思考や感情、行動に影響を与えているという。20世紀初頭、脳波の記録を可能にしたドイツ人のベルガーから、睡眠学習の効果を明らかにした近年の研究まで。さまざまな研究者たちが行ってきた睡眠にまつわる実験を紹介しながら、睡眠中の勃起の有無でインポテンツの原因が分かることや、人はなぜ夢を見るのか、さらに居眠りの効果や、夜中に目が覚めてしまう分割型睡眠の意外な事実など、睡眠にまつわるさまざまな見識を解説。それらの研究から導き出される質の高い眠りを得るための方法も伝授する。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る