「植物は〈知性〉をもっている」ステファノ・マンクーゾほか著、久保耕司訳

公開日: 更新日:

 植物が知性を備えていることを解き明かす驚きのサイエンスノンフィクション。

 植物に知性がないというのは人間の思い込みに過ぎず、実は植物も感覚を備え、コミュニケーション能力もあり、社会的な生活を送っているという。植物が「におい」(正確にはBVOC=生物由来揮発性有機物の微粒子)によって周囲の環境から情報を得るなど、人間の持つ五感すべてに加え、さらに他にも15もの感覚を持っていることを実例を挙げて明らかにする。それらの感覚を用いて、彼らは自分の置かれている状況を把握し、他の植物や昆虫、動物とコミュニケーションを図っているという。植物への考え方が百八十度変わるお薦め本。(NHK出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る