「植物は〈知性〉をもっている」ステファノ・マンクーゾほか著、久保耕司訳

公開日: 更新日:

 植物が知性を備えていることを解き明かす驚きのサイエンスノンフィクション。

 植物に知性がないというのは人間の思い込みに過ぎず、実は植物も感覚を備え、コミュニケーション能力もあり、社会的な生活を送っているという。植物が「におい」(正確にはBVOC=生物由来揮発性有機物の微粒子)によって周囲の環境から情報を得るなど、人間の持つ五感すべてに加え、さらに他にも15もの感覚を持っていることを実例を挙げて明らかにする。それらの感覚を用いて、彼らは自分の置かれている状況を把握し、他の植物や昆虫、動物とコミュニケーションを図っているという。植物への考え方が百八十度変わるお薦め本。(NHK出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る