「中東特派員はシリアで何を見たか」津村一史著

公開日: 更新日:

 通信社の中東特派員による現地リポート。

 2012年6月、シリアでは政府軍と反体制派の戦闘が激化し全土で内戦状態に突入。内戦は加速度的に複雑化して、シリア北部に無法地帯をつくり出し、それがイスラム国を生む要因となった。2年後、イスラム国の前身となるイスラム過激派組織がシリア北部からイラクに攻め込み、第2の都市モスルを制圧。そうした戦闘の最前線を取材したリポートをはじめ、内戦下で暮らすシリアの人々の日常なども紹介しながら、イスラム国伸長の経緯をたどる。一方でイスラム国に拘束されていた人物による日本人人質や最高指導者バグダディの印象など生々しい証言も収録。シリアと、イスラム国問題を考えるための好適書。(dZERO 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る