「中東特派員はシリアで何を見たか」津村一史著

公開日:  更新日:

 通信社の中東特派員による現地リポート。

 2012年6月、シリアでは政府軍と反体制派の戦闘が激化し全土で内戦状態に突入。内戦は加速度的に複雑化して、シリア北部に無法地帯をつくり出し、それがイスラム国を生む要因となった。2年後、イスラム国の前身となるイスラム過激派組織がシリア北部からイラクに攻め込み、第2の都市モスルを制圧。そうした戦闘の最前線を取材したリポートをはじめ、内戦下で暮らすシリアの人々の日常なども紹介しながら、イスラム国伸長の経緯をたどる。一方でイスラム国に拘束されていた人物による日本人人質や最高指導者バグダディの印象など生々しい証言も収録。シリアと、イスラム国問題を考えるための好適書。(dZERO 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る