「ふるさとを元気にする仕事」山崎亮著

公開日: 更新日:

 若者向けに「コミュニティーデザイン」という仕事の実際を紹介する職業ガイドブック。

 コミュニティーデザインとは、人と人がつながる仕組みを地元の人と一緒に考え作り、地域を豊かにしていく仕事。地方創生を唱える政府は「人口減少に歯止めをかける」ことに腐心しているが、解決しなければならない問題は人口が減ることではないと指摘。人口が減る中で生じる課題をどうやって見つけ、どう乗り越えていくかだと説く。その答えは、人口減少時代の最前線である「ふるさと」にある。自らがこの仕事に就いた経緯や、これまで手掛けてきたプロジェクト、そして各地で活動する人々の姿などを紹介しながら、故郷再生の担い手たちにヒントとエールを送る。(筑摩書房 920円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード