• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本日は遺言日和」黒野伸一著

 プランニング会社の新入社員・美月が苦し紛れに企画した「遺言ツアー」を、なぜか社長が採用。先輩の梶原の力を借り、温泉宿に宿泊し、司法書士の竹上による遺言の書き方講座と、心理カウンセラーの溝口による個別相談がセットになった2泊3日のツアーを組む。

 しかし、当日になって溝口が事故で欠席。梶原は他の現場に呼び出され、竹上も講義を終えるとさっさと帰京。残された美月は、娘に付き添われ参加した幸助や、まだ19歳の太陽、そして終始酔っぱらっている篤弘ら、いずれも何やら訳がありそうな参加者たちに振り回される。

 遺言を書くという行為を通して、各人の人生を描き出すハートフル・ストーリー。

(実業之日本社 593円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る