「本日は遺言日和」黒野伸一著

公開日: 更新日:

 プランニング会社の新入社員・美月が苦し紛れに企画した「遺言ツアー」を、なぜか社長が採用。先輩の梶原の力を借り、温泉宿に宿泊し、司法書士の竹上による遺言の書き方講座と、心理カウンセラーの溝口による個別相談がセットになった2泊3日のツアーを組む。

 しかし、当日になって溝口が事故で欠席。梶原は他の現場に呼び出され、竹上も講義を終えるとさっさと帰京。残された美月は、娘に付き添われ参加した幸助や、まだ19歳の太陽、そして終始酔っぱらっている篤弘ら、いずれも何やら訳がありそうな参加者たちに振り回される。

 遺言を書くという行為を通して、各人の人生を描き出すハートフル・ストーリー。

(実業之日本社 593円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る