「これを食べれば医者はいらない」若杉友子著

公開日: 更新日:

 著者は“若杉ばあちゃん”の愛称で親しまれる食養研究の第一人者。「医者いらずシリーズ」の文庫化第1弾となる本書では、体にいい食べ方や病気になる食事について解説している。

 現代人のタンパク質の取り過ぎによるがんやアレルギー疾患増加に警鐘を鳴らす一方、度を越した「減塩」には疑問を投げかける。塩分が不足すると貧血や低体温、便秘などにつながり、思わぬ疾患のリスクも高めかねない。また、塩分自体ではなく、精製塩が体に良くないと認識を改めるべきだとしている。

 天然塩には豊富なミネラルが含まれるが、精製塩は塩化ナトリウムが99%を占める化学物質で、過剰摂取はトラブルのもと。減塩信仰に惑わされ、天然塩まで控えすぎないよう説いている。(祥伝社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る