「認知症をつくっているのは誰なのか」村瀬孝生・東田勉著

公開日: 更新日:

 抗認知症薬は「アリセプト」を筆頭に4種類態勢となっている。しかし、厚労省が早期治療キャンペーンを展開し、認知症に無関心な医師までがどんどん薬を出すようになったことで、逆に認知症患者を増やす結果となっているという。

 抗認知症薬のイメージといえば、服用したら進行が抑えられるというものだ。しかし実際には、4~6割に9カ月~1年の進行速度の遅れが見られるものの、この期間を過ぎれば効かなくなる。それにもかかわらず、抗認知症薬には増量規定が定められており、規定通りに増やすことで病院の利益になる仕組みになっている。

 一方で、易怒(病的な怒り)を引き起こす副作用は深刻で、もはや“薬剤性認知症”の様相を呈していると本書は警告している。(SBクリエイティブ 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  7. 7

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  8. 8

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る