• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「認知症をつくっているのは誰なのか」村瀬孝生・東田勉著

 抗認知症薬は「アリセプト」を筆頭に4種類態勢となっている。しかし、厚労省が早期治療キャンペーンを展開し、認知症に無関心な医師までがどんどん薬を出すようになったことで、逆に認知症患者を増やす結果となっているという。

 抗認知症薬のイメージといえば、服用したら進行が抑えられるというものだ。しかし実際には、4~6割に9カ月~1年の進行速度の遅れが見られるものの、この期間を過ぎれば効かなくなる。それにもかかわらず、抗認知症薬には増量規定が定められており、規定通りに増やすことで病院の利益になる仕組みになっている。

 一方で、易怒(病的な怒り)を引き起こす副作用は深刻で、もはや“薬剤性認知症”の様相を呈していると本書は警告している。(SBクリエイティブ 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る