• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「監督たちの高校サッカー」青柳愛・笠井さやか著

強豪校を率いる名将の素顔と指導論

 全国高校サッカー選手権大会でピッチリポーターを経験した2人の人気アナウンサーが、カリスマといわれる名監督の素顔を追いかけ、その人柄やサッカーの指導理論、教育者としてのポリシーなどを掘り下げた一冊。

 取り上げたのは、暁星高校の林義規、市立船橋高校の朝岡隆蔵、富山第一高校の大塚一朗、京都橘高校の米澤一成、清水桜が丘高校の大瀧雅良という、高校サッカー界を支えてきた5人の名将。

 それぞれの監督へのインタビューのほかに、教え子や関係者の声も拾いながら、4000を超える高校サッカーの参加校の中で結果を出してきた監督が何を考え、何に着目し、どう工夫し、どのように日々選手に接しているのかを引き出している。

 それぞれの監督の個性と、若き選手の勝利を求める強い気持ちがぶつかり合う現場ならではの言葉が興味深い。サッカーに興味がある人はもちろん、教育や人材開発などに関心がある人にも参考になりそうなヒントが満載だ。(東洋館出版社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る