「監督たちの高校サッカー」青柳愛・笠井さやか著

公開日: 更新日:

強豪校を率いる名将の素顔と指導論

 全国高校サッカー選手権大会でピッチリポーターを経験した2人の人気アナウンサーが、カリスマといわれる名監督の素顔を追いかけ、その人柄やサッカーの指導理論、教育者としてのポリシーなどを掘り下げた一冊。

 取り上げたのは、暁星高校の林義規、市立船橋高校の朝岡隆蔵、富山第一高校の大塚一朗、京都橘高校の米澤一成、清水桜が丘高校の大瀧雅良という、高校サッカー界を支えてきた5人の名将。

 それぞれの監督へのインタビューのほかに、教え子や関係者の声も拾いながら、4000を超える高校サッカーの参加校の中で結果を出してきた監督が何を考え、何に着目し、どう工夫し、どのように日々選手に接しているのかを引き出している。

 それぞれの監督の個性と、若き選手の勝利を求める強い気持ちがぶつかり合う現場ならではの言葉が興味深い。サッカーに興味がある人はもちろん、教育や人材開発などに関心がある人にも参考になりそうなヒントが満載だ。(東洋館出版社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る